あい総合保険ブログ 鳥取で一番「アットホームでお客様に近い保険代理店」として頑張っている私たちの毎日の出来事を掲載していきます。

新型クラウン試乗レポート

2018.09.03

みなさんお久しぶりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ当番を忘れており、久々の投稿になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月に入り涼しくなると思いきや、まだまだ暑い日が続いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は台風が来るとの事ですので、くれぐれも対策しておいてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、新型クラウンが納車して1ヶ月経ちましたが、前回のクラウンとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機能的に数段アップしております。そこで今回は何が凄いかを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウン4

※新旧クラウン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄いところ その1

 

 

 

 

 

クラウンとラインが出来る。

 

 

 

 

 

 

クラウン2

 

 

 

 

 

 

 

ラインのアプリを入れればクラウンとラインが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

たとえば携帯に向かって目的地を話すと自動的にクラウンのナビに設定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

車の中でナビを設定する手間が省けますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

目的地の天気や燃料の残量などもラインが教えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうち車が人生相談にものってくれる時代がくるかも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄いところ その2

 

 

 

 

 

 

 

 

ナビからアプリがとれる

 

 

 

 

 

 

 

クラウン1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナビが携帯になっておりナビからアプリが取れたり、いろんな通信機能

 

 

 

 

 

 

 

 

を有している。つながる保険のアプリをダウンロードすることにより、ナビで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保険料を確認したり、衝撃を感知すると電話がかかってくるサービスを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受けることができる。アプリをダウンロードできる車という事で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の若者にターゲットを絞った試みでいいとは思うが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果たして若者にこれだけの車の金額が出せるかが疑問だ。正直、年配の方はあまり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使うことがないと思われる。現代っ子にはまさに神な車なのだが・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄いところ その3

 

 

 

 

 

 

 

 

すべてをGPSで管理している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアの施錠、窓の開閉、車の位置などすべてを携帯電話で見たり、操作できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

携帯電話で車の全ての状況を確認できるため、遠いところからでも施錠、開閉が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来る。車の位置も把握でき、車からハザードでサインを送ったりもできる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにより窓の閉め忘れや施錠の確認がいつでもでき、出来ていない場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離れた場所からでも操作できるようになった。これは便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄いところ その4

 

 

 

 

 

 

 

 

結構な自動運転技術性能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前のクラウンにも安全装置はついていたが、今回のクラウンは2ランクはアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

している。前後の自動ブレーキを備えしっかりと止まることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、サイド、後方から人、障害物を検知してもしっかり止まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

360度にセンサーが内蔵されており、どの角度からでも検知可能だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回は自動運転技術もかなりアップしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レーンキープを設定すれば、白線をカメラとレーダーが判断し、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンドルが勝手に動いて道なりに進んでくれる。けっこうな

 

 

 

 

 

 

 

 

カーブもしっかり反応している所はさすがだと感心した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、自動ブレーキも数段進歩している。前回のクラウンは補助的な役割

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったが、今回は完全にそしてスムーズに停止する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前、自動運転で米子まで行ってきたが、横は白線を認知して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンドルが動くし、前方はクルコンをセットすれば前の車に追従して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝手に止まる。そこそこ何もしなくても米子まで行けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後はもっとすごい車になると思うと正直ゾッとしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の新しいクラウンは、次世代の車の方向性が見えてくる車に仕上がっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、皆さんも機会があれば購入してみてはどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本を代表する車に仕上がってます 8-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、試乗レポートでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また。

 

 

コメントを記入する

※コメントは承認されてから表示されます。

*

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!: